本文へスキップ

アジアとの太いパイプで未来の人材を育成するSAFCA

アジアの人づくりを目指す公益財団法人 東南アジア文化友好協会

公益財団法人 東南アジア文化友好協会のホームページへようこそ。

ご挨拶
 公益財団法人東南アジア文化友好協会は1963年に、太平洋戦争で日本と東南アジア諸国との間で生まれた 戦争孤児や混血児を支援するために設立されました。 当財団の目的は、日本と東南アジア諸国との文化交流や民生と福祉の向上に寄与することであり、 東南アジア諸国の留学生のために宿舎を提供し奨学生の支援を 継続してまいりました。

今までに800余吊の若者を日本に招いて援助を行い、当財団の留学生として大学で学び、卒業して母国に帰り第一線で活躍しています。 彼等は今、日本の良き理解者となり、当財団のささやかな善意に感謝し、良き友人となっています。

2003年に創立40周年を記念して、当財団は日本に留学して勉強したいと願う東南アジア諸国の人達の要望を受けて、 留学生寮を建設しました。 これからも、21世紀を担う「アジアの人づくり《のために、支援事業を継続してまいります。

新着情報news

お知らせtopics

アジア諸国ワークキャンプについて

今年度はインドネシア、シンガポールを予定しておりますが、今のところは未定です。予定が決まり次第、参加者募集をさせていただきます。


記事の更新

理事長のご挨拶の最新の記事、第100号「許しと和解の大切さ《までの記事が更新されています。記事を表示するには、各号をクリックしてください。

留学生の声の最新の活動報告、第99号までの記事が更新されています。記事を表示するには、各号をクリックしてください。

公益財団法人
 東南アジア文化友好協会

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2−1−19 アルベルゴお茶の水1012号

TEL 03(3296)0192