本文へスキップ

アジアとの太いパイプで未来の人材を育成するSAFCA

プロフィールprofile

公益財団法人 東南アジア文化友好協会は、アジアの人づくりを目指しています。

SAFCAの歩み

 
働きの誕生 財団の発足 研修生の来日 理念の出版 新事業計画
昭和18-37年 昭和38年〜 昭和43年〜 昭和49年〜 昭和55年〜
創立20周年 加藤亮一師昇天 日比友好 韓国研修 学生寮開所
昭和60年〜 平成3年〜 平成6年〜 平成9年〜 平成13年〜
日中交流 アジア体験      
平成16年〜 平成20年〜 平成24年〜    

組織・役員

役職 氏 名 役職 氏 名
理事長 大野 克美 専務理事 市村 和夫
理事 大沼 久生  評議員 山口 一郎
理事 永井 徹 評議員 大西 脩
理事 青木 勝 評議員 金 秀男
理事 和氣 三郎 評議員 草場 江太
理事 渡部 信 評議員 干場 英弘
監事 池谷 孝雄 評議員 室谷 雅人
監事 高橋 秀雄 評議員 山田 満

公益財団法人 東南アジア文化友好協会について

  • 内閣府所管 公益財団法人
  • 名称 公益財団法人 東南アジア文化友好協会
  •    (英語名)South-East Asian Friendship and Culture Association (通称)SAFCA
  • 設立年月日 昭和38年6月14日
  • 協会の目的と事業
  •  当財団は東南アジアの「日系戦争混血児」と「戦争関係者遺児」の受け入れを活動の中心として1963年に設立された財団法人です。その後、時代の移り変わりとともに一般の子弟を留学生や研修生として受け入れるようになり、現在ではアジア諸国の若者を有用な社会人に育てるための支援活動を主な業務としております。
  •  目 的
  • この法人は日本と東南アジア諸国との間の文化交流東南アジアの文化開発及び民生と福祉の向上に寄与することを目的とする。この法人は前条の目的を達成するために次の事業を行う
    1. 精神文化を基盤とした東南アジア諸国との文化交流
    2. 東南アジア諸国の戦争混血児留学生の受け入れ及びその支援
    3. 東南アジア諸国の留学生に対し技術修得、技能訓練の機会を提供し支援する事業
    4. その他この法人の目的達成に必要な事業

公益財団法人
 東南アジア文化友好協会

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2−1−19 アルベルゴお茶の水1012号

TEL 03(3296)0192